コンタクト

誕生日: 11月 26日

自己紹介文

  《 プロフィール 》

東邦音楽大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒。
在学中にはシンガポールへの海外演奏・定期演奏会・式典等にてピアノの代表演奏を行う。ヤマハ音楽能力検定のピアノ演奏グレード5級は高校生時に、4級を大学時に取得。
1987年にドイツベルリン市制750年を記念して誕生した「日独センター」のオープニング記念演奏会に合唱で出演し、ベルリンフィルハーモニーと共にベルリン芸術大学ホールとベルリンフィルハーモニーホールにて演奏。
卒業後は声楽・器楽のリサイタル・演奏会・ディナーショー等の伴奏ピアニストとして活躍しながらオペラ歌手になるべく声楽を研鑽。
2005年にロシア国立モスクワ音楽院、2006年にはスイス国立チューリッヒ音楽大学のマスタークラスを声楽専攻で終了後、オペラ歌手として数多くのオペラに主役として出演。
(ロシア滞在中にはスクリャービン博物館音楽ホールにて独唱し喝采をあびる。)
.
主役としてオペラに出演したのは今までに30本以上。その中でも2011年9月、かつしかシンフォニーヒルズ「モーツアルトホール」で上演した「フィガロの結婚」のスザンナ役では改めてオペラの素晴らしさを実感!
お客様からは、「これまでスザンナ役は沢山観てきたけれど、こんなに素晴らしいスザンナは初めて見た」・「スザンナに扮したモーツアルトが出てきて模範演技をしたよう…」等々、身に余る評を多く得る。
翌月10月に演じたオペラクリオーゾ主催のロッシーニ作曲オペラ「ランスへの旅」の主役コリンナ役も大絶賛をあび、
同10月に岩手県盛岡市民ホールで開催したジョイントリサイタルでは「天使の歌声」との評価をいただく。
11月のベートーベン《第九》ソロでは客席が感動に包まれ涙を流す方が続出。
「こんなにきれいなソプラノの声は今まで聞いたことがない!」等の好評を得る。(TдT) アリガトウ
.
また、オーケストラとは歌い手として共演する他、パイプオルガニストとしてヴィヴァルディの「グローリア」、またチェレスタ奏者としてモーツアルトのオペラ「魔笛」のオケピットに入り演奏する経験も持つ。
.

.
2004年にはコーラス団体を立ち上げ、地元地域に根差した活動も開始。
.
混声合唱団コーロ・フィオーレ
混声合唱団コールアイリス
東大宮男声合唱団
女声合唱団 華 
混声合唱団 響き
春岡童謡・唱歌を歌う会(月曜日G&火曜日G)
東大宮童謡・唱歌を歌う会を指導。
アンサンブルおおとりでは常任ピアニスト
.
2010年、韓国国際合唱フェスティバルに合唱団コール・アイリスと共に招待出場。
また、さいたま市内の小学校の体験教室、コミセン・公民館等の公共施設で講座を受け持つ等、地元埼玉の文化発展に意を用いている。
.
ピアニストとして、オペラ歌手として、また、指揮者として活躍し続ける非常に才能あふれる逸材。
.

二期会会員、埼玉オペラ協会会員、東京室内歌劇場会員

.

. 

     《 オペラ出演歴 》

.

G.B.ペルゴレージ  《奥様女中》セルピーナ役
.
G.ロッシーニ    《絹の梯子》ジューリア役
         《ブルスキーノ氏》ソフィア役
         《ランスへの旅》コリンナ役
.
W.A.モーツアルト 《魔笛》パミーナ役
         《フィガロの結婚》伯爵夫人役・スザンナ役・バルバリーナ役
         《コジ・ファン・トウッテ》フィオルディリージ役・デスピーナ役
         《皇帝ティトウスの慈悲》ヴィテッリア役
G.ドニゼッティ  《ドン・パスクアーレ》ノリーナ役
         《愛の妙薬》アディーナ役
.
G.ヴェルディ   《椿姫》ヴィオレッタ役・フローラ役
.
G.プッチーニ   《妖精ヴィッリ》アンナ役
         《ジャンニ・スキッキ》ラウレッタ役・ズイータ役
.
G.ビゼー    《カルメン》ミカエラ役・フラスキータ役・メルセデス役
.
R.レオンカヴァッロ 《道化師》ネッダ役
.
G.C.メノッティ 《泥棒とオールドミス》レティーシャ役
         《電話》ルーシー役
.
F.レハール  《メリーウィドー》マルゴ役
.
J.シュトラウス 《こうもり》ロザリンデ役、アデーレ役
.
J.E.F.マスネ  《サンドリヨン(シンデレラ)》6人の妖精